いよいよ明日発売。新型MacBook Pro、Air、買うならどのモデル?

新型MacBook Pro、Air 新チップ「M1」

いよいよ明日販売開始 新型MacBook Pro、Air、買うならどのモデルか検討してみる

MacBook Proは高性能なら現行のモデルが有利?

先日こちらの記事で、11/10に発表されたMacBook Air、MacBook Pro 13インチ、Mac miniについて、その特徴をまとめました。

→ 11/17発売・MacBook Pro,Air+Mac mini 新製品発表

今回搭載された「M1」は、CPU、GPUなどを一体化したチップ。
省電力、高性能で、バッテリの駆動時間は、Airでは6時間増、MacBook Pro 13インチでは約2倍になりました。

MacBook Air、MacBook Pro、どちらも共通のM1を積んでいます(Airの廉価版1種をのぞき)。
なお、インテル搭載16インチのMacBook Proは、現在のモデルが継続して販売されます。

買うならどのモデル?そもそも買う?買わない?

いよいよ明日発売の新型MacBookシリーズ、買うとしたらどのモデルがいいか?
そしてそもそも、今買うか?買わないか?考えてみました。



一番進化したのはMacBook Air

新型MacBook Air

MacBook Airは、現在の2020年モデルと比べ、3.5倍の処理速度と発表されています。
これは、Geekbench 5の数値で考えてみると、インテルCore i7が3,500。

単純計算だと、新型はこの3.5倍、12,250という計算になり、MacBook Pro 16インチの8コア Cor i9の7,200をはるかに上回ります。

新型 MacBook Airを買うなら

まず、基本モデル2種の確認です。

新型MacBook Air

基本モデル①:Mac Book Air 104,800円(税別)

8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ
256GBストレージ

基本モデル② :Mac Book Air 129,800円(税別)

8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ
512GBストレージ

→ 検討 MacBook Airをカスタマイズ後

基本モデル②を元にカスタマイズ。
8GBユニファイドメモリ → 16GBユニファイドメモリ(プラス20,000円)
512GB SSDストレージ → 2TB SSDストレージ(プラス60,000円)

合計 209,800円

新型 MacBook Pro13インチを買うなら

こちらもまず、基本モデルを確認してみます。
新型MacBook Pro

基本モデル①:Mac Book PRO 13インチ 134,800円(税別)

8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ
256GBストレージ

基本モデル② :Mac Book PRO 13インチ 154,800円(税別)

8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ
512GBストレージ

→ 検討 MacBook Proをカスタマイズ後

基本モデル②を元にカスタマイズ。
8GBユニファイドメモリ → 16GBユニファイドメモリ(プラス20,000円)
512GB SSDストレージ → 2TB SSDストレージ(プラス60,000円)

合計 234,800円

AirとProを比較してみた結果、選びたいもの

MacBook AirとPro、それぞれカスタマイズ後の内容、価格を比べてみましたが、もし僕が買うとしたら、検討②の

MacBook Proをカスタマイズした234,800円のモデル

になりそうです。

これだけの性能でこの価格というのはすごいです。
SSDストレージを2TBにすることで、すべてのデータをMacBook Proに集約することが出来ます。

バッテリも約20時間、Airよりも2時間長く、もっともコスパのいい選択ではないかと思います。

AirとProの違いの主な点は、ファンがついているかどうか、冷却性能の差ですが、ここはファン付きのProを選んでのカスタマイズを選択しました。

長時間の作業の場合、ファンが付いていた方が絶対有利だと思います。
とくに夏場ですね。

ただしイラスト制作をこれ1台でやるとしたら・・・

ただイラスト制作も含め、すべてをこれ1台で行うとしたら、新型MacPro 13インチはメモリ16GBまでしか選べないところが懸念材料です。

32GBぐらいまで選べたらよかったなと思います。

今の所は、もし買うならMacBook Pro 16インチモデルを選択することになりそうです。

販売続行のMacBook Pro 16インチ

MacBook Pro 16インチ

というわけで、継続販売される16インチモデルも検討に入れてみます。

基本モデル①:Mac Book PRO 16インチ 248,800円(税別)

2.6GHz 6コアプロセッサ
512GBストレージ
16GB 2,666MHz DDR4メモリ

AMD Radeon Pro 5300M

基本モデル②:Mac Book PRO 16インチ 288,800円(税別)

2.3GHz 8コアプロセッサ
1TBストレージ
AMD Radeon Pro 5500M
16GB 2,666MHz DDR4メモリ

→ 検討  現行モデル MacBook pro 16インチをカスタマイズ後

基本モデル②を元にカスタマイズ。

2.3GHz 8コアプロセッサ
1TBストレージ → 2TBストレージ(プラス40,000円)
16GB 2,666MHz DDR4メモリ → 64GB 2,666MHz DDR4メモリ(プラス80,000円)

合計 288,800円 → 408,800円(税別)

かなり高額になりますが、先日書いた記事、

→ 今なら、新型iMacをどんな構成で買う?

この時検討したiMacが、合計462,800円(税別)という結果になったことを考えると、イラスト制作に使用するMacとして考えた場合、妥当な金額かもしれません。

ディスプレイの大きさもかなり重要

MacBook Pro 16インチと13インチの比較

新型MacBook Pro 13インチと、16インチ、どちらを選ぶか考える場合、ディスプレイの大きさも結構重要です。
写真のとおり、13インチだとかなり小さめです。
ディスプレイの大きさは作業効率に大きくかかわるので、13インチを購入する場合、自宅での作業には別のモニタが欲しくなりそうです。

新型MacBook AirもPro13インチ、どちらも欲しいけれど…… もう少し待ちます

アプリや周辺機器への対応が一番の懸念材料

Macbook Air、Pro、発表されているスペックだけ見るとどちらも魅力的なんですが、メモリが16GBまでしか選べないことに加えて、Appleの新チップセット「M1」が、アプリや周辺機器にどの程度対応しているか、というのが、やはり一番の懸念材料です。

使えなくなってしまうアプリや周辺機器が出てきてしまったり、使えても今までよりも動作が不安定、遅くなってしまう可能性も否定できません。

なにしろCPUが変わるということは「脳みそ」が丸ごと代わり、まったくの別人になってしまうということです。

とても魅力的なのですが、ここはすぐに飛びつかず、レビューなどの情報を取りながら、半年ぐらいは状況を見る期間が必要かなと思っていまます。

MacBook Pro 16インチの新型に期待

結論として、すぐに買わずに状況を見ながら「M1」搭載の新型16インチの登場を期待したいと思います。

16インチ MacBook Proが発売されたら、どんな内容、どんな価格になるのか?
イラスト制作や、映像編集など、それ1台でOKなスペックになるのか?

もしそうだったら、iMacでのイラスト制作ではなく、完全にMacBook Proでの制作への移行もありかなという大きな期待もあります。

どこへ行くにも、イラストを描く環境をすべてMacBookの中に入れて持ち運べてしまうわけですから、これは僕的には大変革です。

自宅じゃなくても仕事ができるようになるので、ちょっと気分を変えて、旅行した先でイラストを描こう、ということも出来るようになるので。

Apple 公式ホームページ

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

カテゴリ「mac-iphone-ipad」オススメ記事




電子書籍hont




イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

よく読まれている記事

  1. 1

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  2. 2

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  3. 3

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  4. 4

    イラスト制作のヒント「手早く描くことも大事」ほか(2020.12.14〜2020.12.31)

  5. 5

    イラスト/モダンガール・モダンボーイ_「鬼滅の刃」の時代の女性たちを知る

  6. 6

    「iPhone12 Pro」と一眼レフ「Canon6D」の接写を比較してみました

  7. 7

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  8. 8

    未来への階段を登る女性、成長していく女性のイラスト

  9. 9

    世界旅行へ出かけよう/恋するイラストレーションNo.532

  10. 10

    Twitterフォロワーさん限定でプレゼント/2021年賀状(丑年)イラスト

最近の記事

  1. イラスト制作のヒント vol.2「イラストを描いたら寝かせよう」ほか(2021.1.1〜)

  2. 【イラストの上達方法】連載⑤ イラスト制作のPDCAをガンガン回そう

  3. 連載「うんこダイアリー」No.09 ぐんぐん育て

  4. イラスト/女子高校生、制服姿の女の子を描く

  5. 連載「うんこダイアリー」No.08 伝説のあいつを釣る

TOP