今なら、新型iMacをどんな構成で買う?

新型iMac

今なら、新型iMacをどんな構成で買う?

僕が買う場合のカスタマイズ・シミュレーション

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

先日コチラの記事を書きました。

モデル末期の新型iMac。今のタイミングで買うべきか?

今日は、もし僕が新型iMacを買うなら、どんなカスタマイズをするか?
シミュレーションしてみたいと思います。

先に結論から言うと、合計462,800円(税別)という結果になりました。

税込だと、509,800円です。

イラスト制作に毎日12時間ぐらい、無理な負荷をかけて使うMacですので、それなりのスペックを求めてオプションを選択しました。



選ぶのはiMac 27インチモデルから

新型iMac 27インチ
(今回フルモデルチェンジしたのはiMac 27インチのみ。21インチは据え置き)

シミュレーションは、8月にモデルチェンジしたiMac 27インチ、標準仕様で販売されている3種をベースにします。

3つの基本モデルを確認

iMac27インチ 基本3種

上の画像、左から、
① 廉価モデル(1番安いモデル) 194,800円(税別)
② 中間モデル 216,800円(税別)
③ 最上位モデル 249,800円(税別)

iMac 27インチ ① 廉価モデル(1番安いモデル)

194,800円(税別)

  • 3.1GHz 6コア第10世代Intel Core i5プロセッサ
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • 256GB SSDストレージ¹
  • Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ

iMac 27インチ ②中間モデル

216,800円(税別)

  • 3.3GHz 6コア第10世代Intel Core i5プロセッサ
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • 512GB SSDストレージ¹
  • Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ

廉価版との差は、CPUのみで、他は同じです。

iMac 27インチ ③最上位モデル

249,800円(税別)

  • 3.8GHz 8コア第10世代Intel Core i7プロセッサ
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • 512GB SSDストレージ¹
  • Radeon Pro 5500 XT(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ

最上位モデルになると、②よりもさらに、CPU、グラフィックメモリがパワーアップします。



電子書籍hont

カスタマイズ後のシミュレーション結果

③の、最上位モデルをベースに、カスタマイズしていきます。

(変更点)

○ メモリ

8GB 2,666MHz DDR4メモリ → 64GB 2,666MHz DDR4メモリ(プラス 100,000円)

○ グラフィックス

Radeon Pro 5500 XT(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載) → Radeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メモリ搭載)(プラス 50,000円)

○ ストレージ

512GB SSDストレージ → 2TB SSDストレージ(プラス 60,000円)

○ キーボード

Magig Keyboad → Magic Keyboad(テンキー付き)-日本語(JIS) (プラス3,000円)

○ 合計金額

標準仕様 249,800円 → 462,800円(プラス 213,000円)になりました。
税込でほぼ51万円の買い物。

大金ですが、好きにカスタマイズしてみたシミュレーションの結果です。

選んだ時のポイント

メモリは64GBに

プラス100,000円。

普通に作業する分には、かなり重いイラストファイルでも(300MBぐらい)、メモリ32GBもあれば十分なんですが、今使っているiMacがメモリ32GBなので、今度買うなら64GBにしたいなと以前から思っていました。

この15年ぐらいの間に3台のiMacを買っていますが、常にメモリは32GB止まりだったので。

もし64GBメモリを選ばず32GBに抑えておけば、4万円は安くなります。

グラフィックスは最上位オプションを

プラス50,000円。

Radeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メモリ搭載)を選択しました。
メモリだけ上げてもグラフィックスを上げないと、望む性能を引き出せないので。
グラフィックスをいいものにすることで、イラスト制作、写真編集、映像、ゲーム、3Dなど、処理スピードが相当に早くなります。

主な変更点は上の2つです

そのほかに、ストレージを512GB SSDストレージ → 2TB SSDストレージ(プラス 60,000円)に変更したり、キーボードをMagig Keyboad → Magic Keyboad(テンキー付き)-日本語(JIS) (プラス3,000円)にしたりしていますが、このへんは必要に応じて、それぞれの部分になってくると思います。

最近はクラウドに保存するのが当たり前になり、ストレージは2TBもいらないという人もいると思いますが、今では必須となったiCloud、Evernote、Dropboxなど、ローカルにも保存しておきたいファイルは結構あるので、ストレージは多い方がいいかなと、僕は2TBを選択しました。
512GBだとさすがに少なすぎて心もとないし、1TBでは、経験的にちょっとぎりぎりかなという気がします。

Apple iMac 公式ページ

というわけで、今回は、僕が新型iMacを買うとしたら、カスタマイズ・シミュレーションをしてみました。

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

カテゴリ「mac-iphone-ipad」オススメ記事




電子書籍hont





「恋するLINEスタンプ」発売中です

イラストレーターAkihisaSawadaの「恋するLINEスタンプ」発売中








→ イラスト作成のお問い合わせ・ご依頼 

イラストレーターAkihisaSawadaのSNS

フォローしませんか?

【Pick up記事】



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る