不具合は?M1チップ MacBookの不安と疑問

不具合は?M1チップ MacBookの不安と疑問を解消

不具合は?M1チップ MacBookの不安と疑問

M1チップのMacbook、今買って大丈夫?

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

インテルから、Apple独自のチップ「M1」への切り替えで、歴史的とも言える大きな変化を遂げたMacbook AriとPro(13インチ ※16インチはインテル)。

「早い」「バッテリーの寿命がほぼ倍」など、高評価、絶賛の声が多数ですが、初期モデルには不具合がつきもの、という不安もあります。
仕事で使うマシンとして信頼できるのか。
イラスト制作やデザイン、写真や映像編集、音楽制作といった、物作りに使用するマシンとしてどうなのか。
現状を調べてみました。



主な不具合

結論から先に言うと、致命的な不具合は出ていないようです。
ただし、まったく不具合がないわけではありません。

以下、主なものを掲載します。
このレベルなら大丈夫と思うか、やはり買うなら次モデルにしようと思うか?

  • macOSの標準アプリ「写真」で、Apple Pro RAWの写真編集内容が反映されないことがある。
  • システム環境設定の各設定画面 鍵のマークのロックをパスワードで解除しようとしても、されない場合がある。
  • Bluetoothデバイスと接続できない、または接続が不安定になることがある。
  • プリンタ、スキャナなど、ドライバが未対応の周辺機器が多い。
  • 内蔵ハードディスクを節約するために、外付SSDなどのストレージを利用すると、インテルMacよりも遅くなる(外付け機器との相性あり)。
  • eGPU(外付けグラフィックスプロセッサ)をサポートしない。

プリンタが動かない、スキャナ、タブレットが動かないなど、現在使用している製品の年式によっても、対応、非対応が分かれてくるので、要注意です。

ソフトウェアについては、M1 Macbookに搭載された「Roseta2」(M1チップに対応していないアプリを、擬似的に動かすことのできるアプリ)を介して動かせます。

「特別遅さを感じることなく動く」というレビューがほとんどなので、アプリの使用については問題ないと思われます。
ただ、あくまでネイティブ動作ではないし、正式サポートはない、という点は承知しておく必要があります。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。
各アプリケーションの対応状況を調べられます。

akihisasawada.com

追記/解消された不具合

Big Sur アップデートで修正された不具合

2021年2月2日、macOS Big Sur 11.2アップデートが公開され、外部ディスプレイの接続、Bluetooth接続の不具合が修正されました。

「写真」アプリでApple Pro RAWの編集内容が保存されないことがある問題、iCloud Drive がオフになってしまうことがある問題、システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない問題など、多くの点が修正されています。

M1 Macbookは初代でも出来がいい

結論としてM1搭載のMacbookは、初代とは言え、かなりよく練られた製品であると言えそうです。

Appleにとっても、自前のM1チップ搭載のMacを発売したことは、相当に大きな覚悟で勝負に出たはずですよね。
考えられるあらゆるトラブルを想定して発売をスタートしたのだと思いますし、軽微な不具合もOS「Big Sur」の改善により、どんどん修正されています。
ハード的な心配はほぼないと言っていいでしょう。

心配せずに「買い」

「初代モデルは不具合が多い」という従来の常識に反して、とくに不具合らしい不具合のないM1チップ搭載のMacbook。高性能なのに価格が安く、Windows のノートPCと比べても、コスパとしては最強クラスだと思います。

今あるiMacやWindows機で周辺機器をそのまま使いつつ、新MacBookを合わせて使うのがベストかなと。
バッテリ寿命も18時間以上に伸びて、外出時には心強い相棒です。

最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 512GB SSD) - シルバー

最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 512GB SSD) – シルバー

amazonでの購入なら、ポイントが約7,000ポイントつくのでお得です。
MacBook Air、512GB SSDの上位タイプが、実質135,000円になります。

もし困ったら、Appleサポートセンターへの連絡

Macを使っていて一番心強く思うのは、サポートセンターの対応が非常に良いことです。
僕自身、過去に3度iMacの故障で修理に出したことがありますが、その都度、非常に丁寧に対応してもらえました。
オペレーターが、手とり足とり対処法を指示してくれます。それこそ、何十分でも電話口で付き合ってくれます。

以下、Appleの問い合わせフォームページのリンクを貼っておきます。
https://www.apple.com/jp/feedback/macos.html

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

http://akihisasawada.com/wp-content/uploads/2021/01/02_iof281_i149_03-300x300.jpg
AkihisaSawada

登録する?
このエントリーをはてなブックマークに追加






イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

イラストレーターがブログを書くメリット

よく読まれている記事

  1. 1

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  2. 2

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  3. 3

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  4. 4

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  5. 5

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  6. 6

    連載「うんこダイアリー」No.11 今日も街のどこかで

  7. 7

    連載「うんこダイアリー」No.10 弱い者いじめはやめて

  8. 8

    「iPhone12 Pro」と一眼レフ「Canon6D」の接写を比較してみました

  9. 9

    考える&文章を書く&ライフハック「Dynalist」がすごい(アウトライナー)【無料】

  10. 10

    モデル末期の新型iMac。今のタイミングで買うべきか?

最近の記事

  1. 春、桜の下を歩く女性のイラスト

  2. 毎晩飲んでいたお酒をほぼやめました/プチ禁酒で仕事と遊びの時間を増やす

  3. 不具合は?M1チップ MacBookの不安と疑問

  4. 最終回/連載「うんこダイアリー」No.30 その夏のチャンピオン

  5. 誰にも役に立たないイラスト、徹底的にくだらないイラスト

TOP