M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

M1チップ_MacBookのデメリット

M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い?

M1のMacをメインにするには時期尚早か

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。
2020年11月18日に発売された、Apple初のシリコンチップ「M1」を搭載したMacbook Air、Pro、そしてMac Mini。
とにかく速い!という声が多く、ベンチマーク性能の高さ、省電力化で従来の2倍近くになったバッテリー駆動時間など、高評価、メリットを伝える記事が多いです。

今回は、M1チップ搭載のMacbookのデメリットはなにか、という部分を見ていきたいと思います。
本気で購入を考えるなら、メリットばかりではなく、デメリットも抑えておきたいですね。

【関連記事】
akihisasawada.com



GPU性能は低い?

M1チップ MacのGPU性能比較

M1チップ MacのGPU性能比較

「Mac Fan」2021年2月号より引用

GPUの性能で比較した場合、M1 Macbookでは、「Radeon(ラデオン)」シリーズを搭載したiMacに比べるとかなりパワー不足であるという結果が出ています。

GPUとは
3Dグラフィックスや画像処理を描画する際などに、計算を行うチップのこと。
GPUの性能が高いほど、高解像度な映像を早く動かすことが出来ます。

とくに3Dを扱う人、高解像でファイルサイズの大きい画像を扱うイラストレーターにとって、M1のMacBookをメインのマシンにするには懸念があります。

GPUの性能は、イラストレーターが主に使用するPhotoshopやillustratorにも大きく影響します。

互換性の問題

現状、多くのアプリケーションが、M1にネイティブ対応できていません。
そのためMacは、「Rosetta2」で動作できるようにしていますが、従来のソフトウェアがすべて普通に動くかどうかはわかりません。

とくに、周辺機器を動かしているドライバ、ソフトウェアでは、不具合が出る可能性がまだまだ高いです。
クリエイターの多くが使う、Adobeの製品の多くはM1チップのMacに最適化されておらず、あくまでRosetta2を介しての動作のため、大きな速度上昇は感じられないというレビューも多くあります。

搭載されているポートの数と性能

M1チップのMacbook Air、Pro(13インチ)は、外部接続ポートの数が半分になりました。
インテルMacbook Pro(16インチ)ではThunderboltのチップセットを複数用意するなどして、4ポート確保されていますが、M1モデルは1系統、2ポートしかありません。
これは、使い勝手、拡張性を考えるとき、最初に承知しておきたいポイントです。

また、USBやイーサネットの最大転送速度は、インテルのMacの方が速いという結果が出ています。

さらに大きなデメリットとして、M1チップのThunderbolt3に制約があり、外部ディスプレイに出力できません。
デュアルディスプレイや、トリプルディスプレイの環境を作ることができないのです。

サードパーティの製品を使えば不可能ではないようですが、正式なサポート外です。

Appleが出した初めてのチップセット。
初期の不安定さは仕方がない?

「M1」は、Appleが出した初めてのシリコンチップセット。
様々な不具合や、動作が不安定になるなど、問題が出てくるのはまだまだこれからだと考えられます。
アプリケーションやサードパーティの対応もこれからで、予期しないトラブルが出てくる可能性もあります。

メモリについても、16GBというのは、やはり非力です。
ハイエンド用途では、32GB、64GBでも物足りないと考えられている世界ですし、僕も、もしイラスト制作に使うなら、最低でも32GBは欲しいところだと思います。

今後、第二世代以降のM1チップでは、もっと大きなメモリを積んでくる可能性が高いと思います。

買うなら時期以降のM1チップ搭載Macか

個人的な結論としては、買うとしたら、多くの面で改善されるであろう第2世代以降のM1チップ搭載Macを待つべきかと考えます。
ハイパフォーマンスなMacを求めるなら、現状はiMac27インチがかなり上、安定性も高く信頼できます。
M1チップのMacBookをメイン機にするのは、まだしばらくは避けたほうがいいでしょう。

ただし決して高い買い物ではない/用途によっては十分「買い」

ただ、これだけの性能を持ったMacが10万円代前半で買えるというのは、コストパフォーマンスの面ではすごいことだと思います。
少し前なら、20万円以上しても当たり前の高性能パソコンです。

今、10万円前後でパソコン購入を考えている人や、あくまでサブ機として買う人、GPU性能をそれほど必要としない使い方なら、決して高い買い物ではない。
むしろ、十分”買い”でいいのではないか、と思います。

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

http://akihisasawada.com/wp-content/uploads/2021/01/02_iof281_i149_03-300x300.jpg
AkihisaSawada

登録する?
このエントリーをはてなブックマークに追加
ありがとうございます!励みになります(^o^)



【関連記事】

akihisasawada.com

→ 「イラスト制作のヒント」は毎朝7〜8時の更新です





イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

イラストレーターがブログを書くメリット

よく読まれている記事

  1. 1

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  2. 2

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  3. 3

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  4. 4

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  5. 5

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  6. 6

    連載「うんこダイアリー」No.11 今日も街のどこかで

  7. 7

    連載「うんこダイアリー」No.10 弱い者いじめはやめて

  8. 8

    「iPhone12 Pro」と一眼レフ「Canon6D」の接写を比較してみました

  9. 9

    連載イラスト、スタートします/「うんこダイアリー」No.01 (はじめに)

  10. 10

    イラスト/モダンガール・モダンボーイ_「鬼滅の刃」の時代の女性たちを知る

最近の記事

  1. Evernoteの検索方法/これだけ押さえておけば使いこなせる!(検索コマンド)

  2. イラスト制作のヒント vol.4「作業環境を快適に」ほか(2021.3.1〜)

  3. 連載「うんこダイアリー」No.24 移動販売スタンド

  4. 連載「うんこダイアリー」No.23 リモート恋愛

  5. イラスト制作/オンライン恋愛・パソコンで連絡を取り合うカップルのイラスト

TOP