11/17発売・MacBook Pro,Air+Mac mini 新製品発表

Macbook Air Pro、Mac mini 新製品発表

新しいMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini 発表

独自のシリコン「M1を」搭載した新型、まもなく発売

11/10、Appleから、新型のMacBook Airと、MacBook Pro13インチ、Mac miniが発表されました。
Power Pcからインテルへと移行して以来、十数年ぶりの大きなニュースです。
日本では11/17発売。

この新型の特徴を、主な点に絞ってまとめてみました。



初のApple製CPU「Apple Silicon」の「M1」を搭載

なにが変わったのか?

初のApple製Silicon「M1」は、iPhoneやiPadに搭載しているCPU「Aシリーズ」を強化したもの。
M1のCPUは計8コア、GPUも8コアになり、「システムは以前のモデルより最大3.5倍、GPU性能は最大6倍、機械学習では最大15倍高速」と発表されています。
コンパクトで省電力ながら、高い性能を持つ驚きのチップです。

今回の発表はMac史上、もっとも大きな変革の1つ、といってもいいかもしれません。
バッテリーは、なんと従来の2倍近くまで長時間駆動するようになり(MacBook Pro 13インチ)、これも非常に驚いた点です。

「M1」の最大の特徴「システムオンチップ」

「M1」の大きな特徴は、CPU、GPU、Neural Engine、I/Oなどを1つのチップに組み込んでいること。
従来のパソコンでは、CPU、入出力、セキュリティなどのため複数のチップが使われています。
M1はこれを1つのチップパッケージにまとめ、コンパクト・高効率を実現。
そのため、今までのインテルモデルのように、プロセッサを選ぶことができませんが、チップを1セットにしたからこそ実現できた高速・省電力、長く研究してきた成果であるとの発表でした。
選択できるのは、メモリ、SSDの容量です。

先進的なGPUを搭載

クリエイターにとってもっとも重要な判断ポイントとなるグラフィックスの性能。今回のM1は1部をのぞき(Airの下位モデル)、標準で8つのコアを搭載し、4Kビデオをスムーズにストリーミング再生、複雑な3Dをレンダリングするなど、高速で省電力な統合型グラフィックスを搭載しています。

新型 MacBook Air

新型Macbook_Air

新しいMacbook Airの主な特徴

    • CPU 最大3.5倍
    • GPU 最大5倍
    • 機械学習 最大9倍
    • バッテリ持続時間は最大18時間(前モデルよりも6時間増)

価格

104,800円から

新型 MacBook Pro 13インチ

新型Macbook_Pro

新しいMacBook Pro 13インチの主な特徴

      • CPU 最大2.8倍高速
      • GPU 最大5倍高速
      • 機械学習 最大11倍
      • バッテリ持続時間は最大20時間(前モデルの約2倍)
      • Airにはないファンを搭載しているため、冷却性能が高い。画像、映像、音楽編集など、高負荷な処理を長時間行う場合はMacBook Proが有利

価格

134,800円から

新型 Mac mini

Mac miniもM1を搭載し新しくなった。
メモリ、SSDともに、選択肢はMacBook Air、MacBook Pro 13インチと同じ。
価格は72,800円からと安く、キーボードやディスプレイ、マウスなど、持っているものを使ったり、別途安く調達するなら一番コスパが高い

新しいMac miniの主な特徴

      • CPU 最大3倍高速
      • GPU 最大6倍高速
      • 機械学習 最大15倍
      • バッテリは搭載していないため、あくまで据え置き型

価格

72,800円から

Pro、Air、mini 共通の特徴

      • 新MacOs 「Big Sur」を搭載
      • スリープ解除が一瞬になった
      • iPhone専用アプリ、iPad専用アプリが初めてMacで使えるようになった
      • SSDストレージは最大2TB
      • 最大16GBのメモリ
      • Wi-Fi6 に対応
      • Bluetooth 5.0に対応
      • 720PのFace Timeカメラ。暗所に強く、機械学習によりコントラストやホワイトバランスも改善された

まとめ

以上、11/17発売の新型MacBook Air、MacBook Pro13インチ、Mac miniについて、主な点を簡単にまとめてみました。

ちなみに、Inter コアi7,またはi9を搭載したMacBook Pro 16インチは現モデルのまま継続して販売されます。

クリエーター向け、ハイスペックMacbookは、現行モデルが有利?

新型の内容を細かく見てきましたが、ハイスペックという点では、現モデルの16インチが有利?と感じる部分もあります。

購入には慎重な検討が必要かなと感じました。

バッテリも劇的といっていいぐらい長時間駆動になり、使う用途によっては文句ない内容だと思いますが、画像、映像編集を毎日、一日中行うヘビーユーザーにとって、「M1」のAirやPro、そしてminiは、メイン機になれるのか?
MacBook Pro 16インチより本当に買いなのでしょうか?

別の記事で、あらためてその点を考えてみたいと思います。

Apple 公式ホームページ

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

カテゴリ「mac-iphone-ipad」オススメ記事




電子書籍hont




イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

イラストレーターがブログを書くメリット

よく読まれている記事

  1. 1

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  2. 2

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  3. 3

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  4. 4

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  5. 5

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  6. 6

    連載「うんこダイアリー」No.11 今日も街のどこかで

  7. 7

    連載「うんこダイアリー」No.10 弱い者いじめはやめて

  8. 8

    「iPhone12 Pro」と一眼レフ「Canon6D」の接写を比較してみました

  9. 9

    連載イラスト、スタートします/「うんこダイアリー」No.01 (はじめに)

  10. 10

    イラスト/モダンガール・モダンボーイ_「鬼滅の刃」の時代の女性たちを知る

最近の記事

  1. イラスト制作のヒント vol.4「作業環境を快適に」ほか(2021.3.1〜)

  2. Adobeを年間半額近くで使う!利用中のユーザーも/Creative Cloud をもっとも安く使う方法

  3. 最強の多機能スタンド?iPadを本気でデスクトップ・パソコンにする

  4. 連載「うんこダイアリー」No.22 いいの入ってるよ!(魚屋さん)

  5. イラスト制作のヒント vol.3「小さな死」ほか(2021.2.1〜)

TOP