paypayが使えない/iPhoneアプリを再起動する方法

PayPayが使えない_iPhoneアプリの再起動の方法

Paypayが使えない/iPhoneのアプリを再起動すれば解決します

30秒で解決(iPhone Ⅹ以降の方法)

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

今朝いつものようにコンビニで、PayPayで決済しようとしたら「メンテナンス中」の表示がされ焦りました。
最近は、財布を持ち歩かないことも多いので、使えないとものすごく困ります。

paypay メンテナンス中

代わりにLine payの残高を見たら、なんとか900円ほどあったので、無事支払えました。
自宅に戻ってpaypayのサイトを見ると、システムメンテナンスは朝の5:00には終了しているとのこと。
ではなぜアプリは「メンテナンス中」のままなのか?



アプリ「PayPay」を再起動するだけで解決

結論は、iPhoneアプリ「PayPay」を再起動するだけで解決という簡単なものでした。
せっかくなので、アプリの終了のやり方をシェアしておきます。

iPhoneアプリを終了する方法

iPhoneの画面下から上方向へスワイプし、アプリの一覧を表示する

iPhoneアプリ一覧を開く

iPhoneの画面の一番下から、上方向へスワイプします。
画面の外からやるぐらいの感じでスワイプした方がうまく行きます。
アプリ一覧が表示されます。

アプリの画面を弾き出すイメージでスワイプ

表示されたアプリの画面を、外に弾き出すような感じで、上方向へスワイプします。
これでアプリが終了しました。

ふたたび「PayPay」アプリを起動

アプリ一覧から画面に戻って、ふたたび「PayPay」アプリをタップして起動します。

無事、使えるようになっています。
iPhone PayPayアプリ

以上で解決です。

iPhone10以降、簡単になったアプリ終了

iPhoneⅩ以降、ホームボタンがなくなって、アプリの再起動方法が変わりました。
これまでよりも、一手間減って、じゃっかんですが早くなっています。

従来は、ホームボタンを2回連続で押す必要がありました。

使っていないiPhoneアプリは終了しておいた方がいい

デスクトップや、ノートPCであれば、いくつもアプリを立ち上げているとメモリに負荷がかかったり、消費電力も増すため、使用していないものは閉じておくのが普通だと思います。

ではiPhoneも、使っていないアプリは出来るだけこまめに閉じておいた方がいい?

実は、これについてAppleからの正式なアナウンスはなく、「なにか不具合があった時には閉じてください」ということです。
つまり、特別なにもなければ開きっぱなしでいい、ということになります。

使い勝手を考えれば、よく使うものだけ開いておいた方がいい

バッテリーの減りが急激に早くなったり、動作が鈍くなったり、という支障は、さほど心配しなくて良さそうです。
とは言え、「アプリ一覧」から各アプリへと素早く移動するには、しばらく使っていないものは閉じておいた方が良さそうです。

あまり数が増えると、探すのが大変になりますから。

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

カテゴリ「mac-iphone-ipad」オススメ記事




電子書籍hont




イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

イラストレーターがブログを書くメリット

よく読まれている記事

  1. 1

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  2. 2

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  3. 3

    考える&文章を書く&ライフハック「Dynalist」がすごい(アウトライナー)【無料】

  4. 4

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  5. 5

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  6. 6

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  7. 7

    M1チップ 新型Macbookに最適なSSD 1TB/超小型で大容量な外付けハードディスク

  8. 8

    全集中・イラストの呼吸/「鬼滅の刃」の呼吸を現実に取り入れてみる

  9. 9

    構図から考えるイラストの描き方

  10. 10

    今なら、新型iMacをどんな構成で買う?

最近の記事

  1. 65,000字まで進む/執筆中の書籍『有機栽培理論「BLOF」で作る家庭菜園の教科書』

  2. Mac Studioを注文

  3. JBF「BLOF酵母」パッケージデザイン

  4. 小林製薬「マダムジュジュ」商品パッケージ用イラスト

  5. 執筆をはじめました/「有機栽培で家庭菜園」(仮タイトル)

TOP