雨上がり、未来へ向かうスキップする女性のイラスト

(イラストNO.iwf358 花 イラスト/かわいい イラスト)
傘を持つ女性のイラスト。雨上がり、明るい未来へ向かって

雨上がり、未来へ向かうスキップする女性のイラスト

水たまりに映る虹/傘を持つ女性と花

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

恋するイラストレーションNo.579。

東京を楽しむパブリック・マガジン”「TR-mag.(ティーアールマグ)」”58号、哀川翔さんの一番下のお嬢さん、福地桃子さんのインタビュー記事に描かせてもらったイラストです。

→ 「TR-mag.57号」は上原浩治さんでした

「TR-mag.(ティーアールマグ)」は、毎号巻頭で、著名人に”これまで歩んできた道(人生)、これから歩いていきたい道”、を聞くインタビューページがあります。

その挿絵を、2019年AUTUMN号からレギュラーで担当させてもらっています。



僕は普段ほとんどテレビを見ないので、福地さんのことはよく知らなかったんですが、高校卒業後、2016年に女優デビューし、昨年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」で柴田夕見子役を熱演されたそうです。

今回依頼いただいたイラストの希望は、「女優として、女性として、未来に向かってチャレンジしていることが感じられるイラスト」という内容でした。

編集担当者さんからは「抽象的なお願いですみません」と言われましたが、たしかに抽象的で(笑)、かなり自由なので、なにを描くか結構迷いました。

自由度が高く制約の少ないイラストは、いつもアイデア出しの段階で時間がかかります。

雨上がり、明るく希望に満ちた未来へ向けてスキップする女性のイラスト

今回僕が考えたのは、
雨上がり → 晴れ 未来が明るいイメージ

雨上がり、虹が映る水たまりと、傘を持ってスキップする女性のイラストです。
背景にはカラフルな花を描いて、明るく希望に満ちた未来に向かって、元気よくチャレンジしていく姿を描きました。

前回、上原浩治さんの時もそうでしたが、今回も、アイデアスケッチ、ラフ、着彩、最後の仕上げ、ひと通りダメ出しなく、すんなりいったお仕事です。

桃子さんの得意料理・ピーマンの肉詰め

料理のイラスト・ピーマンの肉詰め

今回の号から、誌面左上の、小さなカットイラストも同時に描かせてもらっています。

彼女は料理が好きで、得意料理はピーマンの肉詰めだそうです。

「TR-mag.(ティーアールマグ)58号」

実際の誌面はこちらです。

「TR-mag.(ティーアールマグ)58号」

バックナンバー

「東京都道路保全公社」が年4回発行する広報誌。
東京を楽しむパブリック・マガジン「TR-mag.(ティーアールマグ)」。
以下のページから、バックナンバーが見れます。

→ 公式HP

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

→ 前回のイラスト「TR-mag.57号」上原浩治さんはコチラです








イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼はこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

イラストレーターがブログを書くメリット

よく読まれている記事

  1. 1

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  2. 2

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  3. 3

    考える&文章を書く&ライフハック「Dynalist」がすごい(アウトライナー)【無料】

  4. 4

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  5. 5

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  6. 6

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  7. 7

    M1チップ 新型Macbookに最適なSSD 1TB/超小型で大容量な外付けハードディスク

  8. 8

    構図から考えるイラストの描き方

  9. 9

    全集中・イラストの呼吸/「鬼滅の刃」の呼吸を現実に取り入れてみる

  10. 10

    【イラストの上達法】②模写をする

最近の記事

  1. 65,000字まで進む/執筆中の書籍『有機栽培理論「BLOF」で作る家庭菜園の教科書』

  2. Mac Studioを注文

  3. JBF「BLOF酵母」パッケージデザイン

  4. 小林製薬「マダムジュジュ」商品パッケージ用イラスト

  5. 執筆をはじめました/「有機栽培で家庭菜園」(仮タイトル)

TOP