イラスト制作/秋刀魚(サンマ)の炭焼きの作り方

イラスト制作/炭で焼けば最高に美味しい・秋刀魚(サンマ)

炭で焼けば最高に美味しい・秋刀魚(サンマ)

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

バーベキュー焜炉で、炭でサンマを焼く女性のイラストです。
僕は炭で調理をするのが好きで、雪の降るシーズンをのぞけばほぼ一年中、二週間に一度ぐらいのペースで、庭で肉を焼いています。
そんな個人的な趣味もあって、描いてみた今回のイラストです。

炭で焼けばなんでも美味しい

焼き一生、という言葉がたしかありましたが(鰻?焼き鳥?)、焼く料理というのは簡単そうでとても奥が深い。
炭火となれば、さらに奥が深い。
そのぶん上手に焼けた時の喜びは格別だし、徐々に腕が上がって、家族や友人に「美味い!」と言ってもらえると最高に嬉しくなります。



秋にはやはり秋刀魚(サンマ)

秋刀魚(サンマ)を炭で焼く

春、夏はステーキ肉や牛タン、鶏を焼くことが多いですが、秋にはサンマをよく焼きます。
炭で焼けば、キッチンのグリルで焼くのとはまた別物の味。
これが同じサンマか!?と信じられないぐらい、最高に美味しい秋刀魚(サンマ)が焼けます。

【サンマの炭火焼・材料】

  • 新鮮な秋刀魚(サンマ)   食べる数
  • 塩            適量
  • 大根おろし    お好みの量で
  • すだち      お好みの量で
  • 醤油       お好みの量で

非常にあいまいですが、材料としてはどれも”お好みの量”が基本です。
ただし、1番のポイントは塩加減です。

ポイントは塩加減

焼く30分前に、サンマの両面にスイカに塩を振る容量で振ります。
スイカがちょうどいい塩加減、と同じぐらいのつもり、またはそれより少しだけ多め、の感じでふりかければ、いい塩加減です。
30分前に振る理由は、焼く直前では塩がなじまず、味が入らないためです。

補足:注意

半分に切ったりしないこと。
丸のまま焼く。

【焼き方】

秋刀魚(サンマ)の炭火焼 作り方

  • 焼く40分前に炭に火をつけます。
    ※炭は火をつけてもすぐに使えないので、40分ぐらい前には火をつけて、真っ赤な”おき”の状態に落ち着くようにします。
  • 網には、刷毛でしっかり油を塗っておく。油を塗らないと、サンマが張り付いてしまい、裏返すときに崩れてしまいます。
  • 焼きは、強火の遠火で。七輪やバーベキュー焜炉の場合は近すぎるので、裏技として、周囲にレンガを積み重ねてそこに網を起きます。
  • 焼く温度は、網から10㎝離れたところに手をかざして、5秒耐えられないぐらい。
    5秒も耐えられないようなら熱すぎです。7秒も10秒も耐えられるようだったら火が弱い。
  • 焼き始めると、サンマの脂が落ちて火が出ることがあります。
    火で焼いても美味しくないので、網ごといったんよけたり、うちわであおいで火を消しましょう。とりあえず、うちわであおいでください。
    火が直接あたると、黒こげになってしまいます。
  • 焼き始めから8分ぐらいで裏返す。
    身が崩れないように、最大の注意を要する工程です。だらだらいじっていると崩れます。
    サンマの目が白くなったら、返すサインです。
  • 返したあとは、4〜5分で出来上がり。
  • 大根おろし、醤油、すだちをかけて、美味しく食べます。

火加減がもっとも難しい

ちょっと火が遠すぎ?を思うぐらいが、さんまと火と距離です。
焼く温度は、網から10㎝離れたところに手をかざして、5秒耐えられないぐらいがちょうど良く、それ以下だと熱すぎです。7秒も10秒も耐えられるようだったら火が弱い。
そして肝心なのは、火を直接あてないこと。
脂が落ちて火がたったら、いったん網ごとよけます。

以上、秋刀魚(サンマ) を炭火で焼く方法でした。

この日は他にも、こんなのも焼きました

エリンギのバター焼

エリンギのバター焼

豚のタン

豚のタン 炭焼き

アサリ

アサリの炭焼き

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

「恋するLINEスタンプ」発売中です

イラストレーターAkihisaSawadaの「恋するLINEスタンプ」発売中




→ イラスト作成のお問い合わせ・ご依頼 

イラストレーターAkihisaSawadaのSNS

フォローしませんか?



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る