ハロウィンのイラスト

20181012_iof084_ai_02

illustration No.iof084。ハロウィン用に描いたオリジナル作品。

一年間のうちで、季節の変わり目や定番の行事が近づいてくると、なにかそれに向けて作品を描こうという気持ちになります。

春には桜、卒業や入学、旅ものが描きたくなるし、6月には紫陽花、7月には青い空と黙々とした雲、海、水着、9月になれば秋のファッション、そしてハロウィン、クリスマス、お正月、バレンタイン、というように。

ちょうどいい時期に作品を完成させるために、だいたい2ヶ月ぐらい前からじ準備に取り掛かり始めます。

今回のハロウィンのイラストを描き始めたのは、8月の終わりぐらいから。2、3日アイデアを考え、その後は描きながら、内容を足したり、変更したりしていった。

仕事で描く場合は、最初のラフの段階でほぼ内容がfixするのだけれど、オリジナル作品の場合には、わりと自由に、描きながら考えることが多いです。

ハロウィンって、僕が子供の頃にはまったく無縁のものだったけど、最近では、年間のイベントとしては最大級のものに育ってるようですね。

ハロウィンにちなんで描いた作品数というのはこれまであまり多くはないけれど、今後も最低でも一年に一本は、描いていくことになるのかなと思います。出来れば2本ぐらい、描ければいいなと思う。なんといってもハロウィンなんだし、遊び心のあるようなものがいい。

 

日本でハロウィンが定着し、次はイースター・エッグあたりが流行るのかな?なんて、勝手に想像しているけど、どうだろう。

春はイベント的なものって少ない気がするから、そういうお祭り的イベントが来てもおかしくないんじゃないかな?、と思うんだけど。

イラスト制作のお問い合わせ・ご依頼

お仕事のご依頼・お問い合わせはメールフォーム、またはお電話により受付ています。
お気軽にお問い合わせください。

Contact お仕事のご依頼・お問い合わせ

関連記事

特集記事

よく読まれている記事

  1. 1

    Evernoteが重い!を解決/2分で嘘みたいに軽くする方法です

  2. 2

    考える&文章を書く&ライフハック「Dynalist」がすごい(アウトライナー)【無料】

  3. 3

    M1チップ搭載・新型MacのAdobeアプリの動作状況は大丈夫か?

  4. 4

    追記あり/「鬼滅の刃」のイラストを真似して掲載してもいい?

  5. 5

    M1チップ Macbookのデメリット/GPUの性能は低い? メイン機にするのは時期尚早

  6. 6

    iPhone12 Proの望遠レンズと一眼レフ300mmレンズを比べてみました

  7. 7

    毎晩飲んでいたお酒をほぼやめました/プチ禁酒で仕事と遊びの時間を増やす

  8. 8

    構図から考えるイラストの描き方

  9. 9

    絶対モテる!超絶美味しい、男のボンゴレ(ペペロンチーノ)の作り方・レシピ

  10. 10

    全集中・イラストの呼吸/「鬼滅の刃」の呼吸を現実に取り入れてみる

最近の記事

  1. 駒ヶ根市/らーめん道「黒こくや」

  2. 玉村豊男さんの本2冊購入「毎日が最後の晩餐」1・2

  3. 駒ヶ根市/茶そば・ソースかつ丼「いな垣」

  4. 駒ヶ根市/焼肉「スローボート」

  5. アサリの砂抜きのやり方 作り方/レシピ

TOP