イラスト/バチェロレッテ_恋する女の子のイラスト

(イラストレーションNo.dc045)
イラスト・バチェロレッテ・ローズを受け取っていただけますか?

イラスト/バチェロレッテ「ローズを受け取っていただけますか?」

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

遅ればせながら「バチェロレッテ・ジャパン」を観終わりました。
10月下旬に最終回が配信されたので、約2週間遅れ。
見始めたのが11月の5日ぐらいからで、イラストを描きながら、iMacのすぐ左脇においているMacbookでチラチラと観ていたんですが、いや面白かったです。

毎日2回分ずつぐらい観て、数日間をおいた後、最終話とその後スタジオで収録されたメンバーのやりとりを二日前に観終わったところです。
せっかくなので記念に、というのも変ですが、イラストを1つ描いてみました。



イラスト制作の仕事部屋

バチェロレット・ジャパン

レイアウトを変更してみたイラスト・ヴァージョン

こちらは、イラストの配置を少し変えてみたヴァージョンです。
二人をアップにして、それに合わせて背景に描いた位置をずらしてみました。

イラスト・バチェロレッテ・ローズを受け取っていただけますか?

微妙ですが、光の加減も少し変えてあります。

バチェロレット・ジャパンで盛り上がった波乱の結末

※ ネタバレを含んでいます

モデルの福田萌子さんと、集まった17人の男性たち。
「真実の愛」とは何かを考えながら、それを探す旅。

最終回は意外な結末に終わり、波乱だったぶん、みんなそれぞれに思うところ、賛否があって余計に盛り上がった形でした。
台湾の温泉のシーンから、僕は彼女が黄(コウ)さんを選ぶだろうとずっと思っていたんですけどね。

ポイントは、彼女の決断や考え方、生き方をどう思うか?というところですが、受け止め方は人それぞれです。
僕としては、当たり前ですが「自分とはずいぶん違うな」と思うのと、「それで今後やっていけるんだろうか?」とう単純な疑問でした。
もちろん彼女が言っているとおり、あくまで彼女の人生なのであって、他人にはまったく関係のないことなんですけど。

まっすぐで、自分の気持ちに正直で、どこまでもそれを突き詰めようとする妥協のない彼女の姿勢は、強い女性、自立した女性、「気持ちはわかる」という部分が大きいし、素敵だなと思うところでもありました。

ただ単純に僕が思ったのは、人生ってたぶんそういう風には出来ていないんじゃないだろうか?、ということでした。

考え続けたら答えは出る?

40代に入って以降は、日々やるべきことをこなしつつ、やはり終わりも見えてくる年頃でもあるので、余計にそんなことを思うんだと思います。
簡単に言って、みんな歳をとるし病気にもなり、いつまでも同じことをやっているわけにもいかない。
それがベストなものではなくても、最終的にはなにかを選ばなくてはいけない。
あとはその選択に対する責任を持って、これが自分の生きる場所だと決めてやっていくしかないんだろう、とは思います。

もちろんだからって、最初から妥協して選ぶというわけじゃないですが。
ただ、時間をかけて考えたからといって、本当に正しい答えがわかるだろうか?ということは思います。
考えるための「具材」みたいなものが、先々のことまで含めて全部手元にそろうということはあり得ないわけだから。

恋愛に限らず、なにを選んでやっていくにしても、仕事にしても同じですが、僕らはたぶん必要な情報のせいぜい50%以下ぐらいの状態で、物事を決めているんじゃないか。
もしかしたら数%しかないような状況でも「とりあえずやってみる。選んでみる」の繰り返しじゃないでしょうか。

「青い鳥」

それがそこそこ妥当な選択であったなら、あとは決意してやるしかないんだろうなと思います。
あまりに理想を求めるのは危険なことかもしれない。

10年後、20年後、歳をとった時に、本当に自分に最良のものが残っているかどうかは、いくら考えても、すべてコントロールすることなんて出来ないのではないか、と思うので。

実はどこにもいない「青い鳥」の可能性もあります。
青い鳥を追いかけ続けることは、それはそれで探求の人生として良しかもしれないですが、一番つらいのは、あとで気がついて後悔することかなと思います。

良いものがたくさんあったのに、自分は選ばないという決断をしてしまったというような後悔は、実際には多かれ少なかれ誰でも避けられないものだと思うんですが。

偶然の要素

人生というのは本質的に、自分の決断も大事だけれど、それ以上に偶然の要素によって振り回されるところの方が大きいんじゃないか、と思うことがたまにあります。
もちろん若い頃には、あまりそういう風には考えませでしたが。

そんなもろもろをつらつらと、最終回を観ながら思いました。

もちろん、彼女だって重々考えたでしょうし、それでもやはりいいと思える相手がいなかった、というだけのことかもしれませんが。

でも、コウさんも杉ちゃんも、ローズくんも、マラカイんさんも、いい男性がたくさんいましたね。
僕としてはやっぱり、「もったいないなあ」と思ったりしてしまいます。

というわけで、イラストはバチェロレッテ・ジャパンから、「ローズを受け取っていただけますか?」でした。

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

Amazon Prime「バチェロレッテ・ジャパン」

イラスト・バチェロレッテ・ローズを受け取っていただけますか?

○ カップル イラスト/バラ イラスト/花 イラスト/プレゼント/恋人 イラスト/恋する 乙女 イラスト/女性 イラスト

イラストレーターAkihisaSawadaの「恋するLINEスタンプ」発売中です

イラストレーターAkihisaSawadaの「恋するLINEスタンプ」発売中




→ イラスト作成のお問い合わせ・ご依頼 

イラストレーターAkihisaSawadaのSNS

フォローしませんか?

【Pick up記事】



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る