リビングで、ゆったり読書/恋するイラストレーションNo.510

◯ リビングで、ゆったり読書/恋するイラストレーションNo.510,カップル,イラスト作成

カップル,ソファに座る,本を読む,読書,リビング

久しぶりになにかカップルのイラストが描きたいなと思い、一枚仕上げてみました。

イラストを描くとき、普段は特別深く考えることもなく、思い浮かんだイメージやアイデアをどんどん絵にしていくわけだけれど、ふと我に返って、「なんでお前はそいう風に女性を描くんだ?男性を、あるいは、カップルを描くんだ?」という疑問にぶつかることがあります。

どうしてそういう顔だちで、なぜその表情なのか。
なぜそのイラストのタッチで、なぜそのシチュエーションなのか、その演技なのか?
いちいち考えなくてもすむことだし、ややこしい質問だけど、それって結構大事なことじゃないだろうか?
時々は、立ち止まってみるのもいいかもしれない。

そういえば、浦沢直樹さんの「漫勉」で、どの回の放送だったか、同じようなことを言っていたのを思い出した。

「女の子をどう描くかっていうのは、フェティシズムの表明ですよね。
おまえは、それをエロいと思うのか、っていう」

だいたい、そんな言葉だったと思う。たしかにそのとおりだなあと思う。
なぜおまえは自分が描くイラストの女性をきれいだとか、かわいいとか、かっこいいと思うのか?

自分がなぜそう思うのかということと、思ったことをどのぐらい形として表現できているかということがまず大事なポイントだけれど、他の人も僕と同じように、それをエロいと思ってくれるか、美しいと思ってくれるか、という共感の部分ももちろん大事になってくる。遊びで描いて、机の引き出しにしまっておくだけなら別として。

しかしまあ、根本にあるのは自分の趣味嗜好の問題が大きいので、意識してどうこう出来る、という部分は意外と限られているのかもしれないけれど。

 

 

 



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る