新居の図面作成

facebook twitter instagram

住宅図面の作成

今年7月に新居が出来る予定で、去年の9月ぐらいから書き始めた図面。

まだまだ十分時間があるやと思って余裕に構えていたんだけれど、いまだに図面が出来ていない。

もう一月も下旬になり、そろそろまとめていかおいと、3月着工に間に合わなくなってしまう。3月に着工できないと、7月完成は難しい。

書いては書き直し、を繰り返して、もう20プラン以上は書いた。

書くたびに、修正すべきところや、別のもっといいプランが浮かんでくる。

 

限られた予算と敷地などの制約の中で、あふれる希望をどう盛り込んでいけるのか。

家を建てるときには、誰でも悩むところだ。

 

家族みんなにとって、過ごしやすく快適な居室。収納や設備。

僕の場合は、イラスト制作の仕事場をどうするかが一番の問題。

これから何10年と(たぶん)、制作の拠点になる秘密基地みたいな場所だ。

 

せっせと図面を書いていると、「いい家ってどんな家だろう?」という根本的な問題にぶちあたる。

自分や家族にとっての本当にいい家、使いやすい空間とはどんなものだろう。

自分が本当に求めているものをよく確認しないまま、かっこいいとか、素敵とか、便利とか、表面的で浅い部分だけで判断してしまうと、建ってから後悔することも多くなるだろう。

そして何を本当に求めているかなんて、普段生活していたって、わかっているようでなかなかわかっていないものだ。

 

そういう意味では、家を建てるというのは、自分や家族とあらためてしっかりと向き合うことなのだと思う。そう考えると、余計に難しくなってくる。

楽しくもあり、面倒な作業でもあるけど、しっかり考えなくては。

とくに今1歳の娘にとっては、この新しい家で子供時代を過ごし、やがて大人になって自立していくことになる、大切な場所なのだから。

 
○ 恋するイラストレーションMagazine(無料メールマガジンです)

お名前
メールアドレス

※ お名前はニックネームでも構いませんが、数字の羅列やアルファベットの羅列等、意味不明のものはご遠慮ください。
メルマガをお届け出来ない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る