定番レシピを工夫/生姜、ニンニク入り「男の豚汁」

豚汁のレシピ_男の料理

定番レシピを工夫・生姜、醤油を加えて作る「豚汁」

こんにちは。イラストレーターのAkihisaです。

我が家の里芋が獲れたので、豚汁を作りました。

基本、料理が好きでよく作っています。

これから冬になれば、いよいよ豚汁の季節。
様々な具材の味が凝縮され、1杯で栄養たっぷり、これだけでおかずにもなってしまう冬の定番、豚汁。

今回は、定番レシピをひと工夫した、男の豚汁レシピをご紹介します。
材料、調味料はある程度ざっくりと、だいたいで分量で。
適当な感じでもちゃんと美味しくできるので、「男のレシピ」としてみました。

いつもと違う、究極に美味しい豚汁レシピです。



具だくさん/生姜、醤油、ニンニクを加えて作る「豚汁」レシピ

豚汁のレシピ・材料

【材料】(8〜10人分)

  • 豚バラ肉(薄切り)200〜300g
  • 玉ねぎ         大1個
  • 大根          1/4本
  • にんじん         1本
  • しいたけ         4個
  • ごぼう          1本
  • 里芋           4 個
  • じゃがいも       小2個
  • にんにく        2かけ
  • 生姜   すりおろし 小さじ1
  • 豆腐           1丁
  • 油揚げ          2枚
  • こんにゃく        1個
  • 長ねぎ          1本
  • 水          3,000cc
  • だしの素適量  大さじ3ぐらい
  • 味噌   味を確認しながら適量
  • ごま油        大さじ1
  • しょうゆ       大さじ1
  • みりん        大さじ1

材料は多めなので、作る量に合わせて調整してください。

豚汁は、いろいろな具材を入れて作った方が美味しいので、いつもまとめてたくさん作ります。
冬なら日もちもするし、余ったらボールに入れて冷蔵庫で保存。



【作り方】

  1. ごぼうはささがきにして、水に約10分さらす。
  2. 大根、人参はいちょう切り、しいたけ、こんにゃく、油揚げは薄めに切る。
  3. 里芋、じゃがいもは少し大きめの一口大に切る。
  4. 長ねぎは斜めに1センチに(煮込む用)、最後に載せる用は薄く切る。
  5. 豚バラ肉は1口大に切る
  6. ニンニクは薄くスライス、またはみじん切りにする。
  7. 生姜(しょうが)はすりおろして小さじ1。

豚汁のレシピ・豚バラ肉とニンニク、ごぼうをゴマ油で炒める

  1. フライパンを熱してごま油をひき、豚バラ肉、にんにく、ごぼうを炒める。
  2. 鍋にすべての具材と水を入れて沸かす。

豚汁の作り方・鍋で煮込む

  1. アクが出たらすくい、入れる予定の味噌の半量を加える。
  2. だしの素を加え、12分〜15分煮込む。
  3. しょうゆ、みりんを加え、味をみながら残りの味噌を加えていく。
  4. すりおろした生姜を加える。

完成。お椀によそい、長ネギをちらす。

豚汁のレシピ・完成

ポイント①

こんにゃくは、商品のパッケージに記載のとおり、アク抜きが必要な場合はアク抜きをしてください。

ポイント②

煮込み始めてから入れる味噌半分は、具材に味をしみこませるため。
香りが飛んでしまうので、最後の仕上げにもう半分の味噌を入れます。

ポイント③

これ一杯でおかずにしよう、という時は、豚バラ肉を少し厚めに、多目に入れます。

調味料は、味をみながら好みの加減に調整してください。
醤油を多く入れば入れるほど、けんちん汁っぽくなっていきます。
醤油を多めにする場合は、それに合わせて味噌は少なめに。

というわけで、具だくさん。生姜、醤油を加えて作る「男の豚汁」レシピでした。

それではまた。
イラストレーターAkihisaSawada

「恋するLINEスタンプ」発売中です

イラストレーターAkihisaSawadaの「恋するLINEスタンプ」発売中




→ イラスト作成のお問い合わせ・ご依頼 

イラストレーターAkihisaSawadaのSNS

フォローしませんか?



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room
       

このページの上に戻る