女性向けイラスト、ファッションイラストを中心に制作しています。雑誌、広告、WEBイラスト制作など。長野県在住。

BLOG | SiteMap | お問い合わせ

恋するイラストの描きかた+その周辺
AkihisaSawadaイラスト・デザイン室

イラストのチェック/グレースケールへの変換・画像の左右反転


夜景 ソファ プレゼント ドレス ワンピース 女性 ファッション
掲載のイラストは、ちょうど二年前、2013年の1月にオリジナル作品として制作したものです。このイラストは、ポストカードとして販売しました(現在も販売中)。

今回は、イラストを描く過程でチェックしたいことを二つご紹介します。

 

○ 仕上がりに近い段階になったら、グレースケールに変換してみる

20150130_03_f011_01彩色が進んでくると完成も間近。
ある程度よく描けたかなと思っても、途中でグレースケールに変換してみることをお勧めします。
今回の作品のように、使用している色数が多めの時には、特にこのチェックが有効です。

モノトーンにしてみることで、全体の色合いのバランス、とくにコントラストのバランスがどうなのかがわかりやすくなる。

グレースケールにしてみて、ぼんやりとした印象になっていたら(それを狙っているなら別ですが)、陰影を強めにするべき場所があるかも知れない。

色の使用で迷うような時には、途中何度も変換して、確認しながら作業を進めていくと、作画がスムーズに進みます。

 

○ 画像を左右に反転してみる

夜景 ソファ プレゼント ドレス ワンピース 女性 ファッションバランスの狂いをチェックするには、画像を左右に反転してみるのが一番わかりやすいです。

今回は例として完成作品を反転していますが、できるだけ下書きの段階から、何度も反転させてチェックしてみる。

とくに人物の顔やプロポーションが狂っていると、いくらその後の描きこみをしっかりやっても、おかしな作品になってしまいます。

 

絵を裏返して透かして見る、というチェックのやり方は、もう25年も前、コンピュータで絵を描くということがまだ珍しかった時代に、友人から教わって知りました。

当時僕は漫画家を目指していたのだけれど、それまでは、自分はそこそこ絵が描けるほうだと思っていた。
しかし、絵を裏返して蛍光灯で透かしてみたとき、人物の目、頭の形のバランスが醜く狂っていることが一目瞭然でわかり、かなりショックを受けた覚えがあります。
その時のことは、今でもよく覚えている。

コンピュータで制作する場合は、画像を左右に反転させた状態で、おかしなところに手を入れ、その後またもとの状態に戻してみる、ということが出来るので、手描きに比べるとずいぶん楽です。
ぜひやってみてください。

 

○ グレースケールの作品の加工

夜景 ソファ プレゼント ドレス ワンピース 女性 ファッション イラスト
制作途中のチェックということで、グレースケール変換を紹介しましたが、左のイラストのように、そこにアンバー系の色を乗せるとセピアカラーの作品になる。アンバーだけでなく、いろいろな色で試してみると、思わぬいい結果が生まれるかもしれません。

カラーで描いたものでも、仕上げの段階で色を破棄してみるというのも手です。あれこれ試してみてください。
それではまた。

 

○ 恋するイラストレーションMagazine(無料メールマガジンです)

お名前
メールアドレス

※ お名前はニックネームでも構いませんが、数字の羅列やアルファベットの羅列等、意味不明のものはご遠慮ください。

メルマガをお届け出来ない場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



オフィス:AkihisaSawada イラスト・デザイン室
澤田 明久
eMail : illuststudio@gmail.com
iPhone : 090-4365-7981

© 2015- Akihisa Sawada illustration & design room